飼育係流腸活について(長文です)

2022年05月03日 14:07

基本我が家の猫ちゃんズは【置き餌】なのですが、当猫舎の猫たちは大食いなので、朝、夕の2回、こんもり食べます

写真は男の子ごはんです
体調や体質、好みによってごはんが違いますが【パパブレンド】と呼ばれる、マスターがブレンドしたごはんを食べている子がほとんどです

そこに腸活のグリーンラムトライプをトッピングをします

オールステージの子が食べられるので、親猫はもちろん、当猫舎生まれの子は離乳食から食べています
グリーンラムトライプは、羊の胃袋を洗浄しない状態でフリーズドライしている商品で、非加熱なので消化酵素や乳酸菌などの善玉菌が手軽に摂れる優れた商品

野生動物は狩をした時に、先ず獲物の内臓を食べます
内蔵にある菌を体に摂り入れることで、生の肉や血を食べてもお腹を壊したりしない強さがあるのです

野良猫ちゃんもネズミや鳥、ミミズや昆虫などをバリバリ食べていますので、あの子たちは強いのです
野生の強さもありますが、あの子たちは自然と体に必要な物を摂り入れているのです

とは言え、家猫ちゃんにそれを求めるのは無理な話…
であれば、意図的にしてしまいましょう♪と言うような商品です

腸は免疫の70%を担うと言われている程、大切な臓器です
胃腸はカラダの土台となる臓器ですので、ここがしっかりしていないと、どんなに良いフード、どんなに良いサプリメントを与えていても効果は半減してしまいます
消化吸収を助けてくれるので、中医学で言う胃熱タイプの子にも良いと思います

・食欲のない子
・吐き癖のある子
・万年下痢の様なお腹の調子がイマイチな子
・うんちの最後にちょっと血が出るような子
・異物を食べる子
・異常に食べたがる子
・お口が臭い子

そんな子には是非試して頂きたい商品です

とは言え、中には食べてくれない子もいます

アスタと梧楼はトライプが苦手…

大概の子は、何度かフードにふりかけているうちに、気づいたら虜になっているのですが、頑なに食べないこの2人…

トライプ大好きはちにチョッカイを出すアスタ

話戻しますね

アスタはトライプをかけると食べるのを拒否、梧楼はトライプの部分を手で避けて食べるように(←梧楼はある意味天才だと思いましたが…)
ごはんを食べてくれないのであれば元も子もありません

フードだけでも良いのですが、フードだけだと食も便も細いアスタ(梧楼はね…CHUBBY CATイチ大食いなんですが、異常に食べるのも実は問題ありなのです)

獣医さんに相談したところ、「納豆食べさせな!」と…
では早速!と思ったのですが、ネバネバがお好みしないらしく

そんな時に見つけたコチラ

人間用ですが、これがとっても食べやすいらしく、喜んで食べてくれるのです♪
(トドックで見つけました笑笑)

あんまり美味しい顔に見えない笑笑

飼育係はずっと食育を勉強しております
プレミアムフードなどのフードジプシーから始まり、グレインフリー、生食、手作り、薬膳…
もぉーーフードの沼にどっぷりハマっておりました

いろいろやってみて言えるのは、
自分の家の子の体質を知ること
体質に合った食事を摂ること
そして何事もほどほどがオススメです笑笑

前のページ
マーキング対策
一覧へ
次のページ
記事はありません
記事一覧を見る

powered by crayon(クレヨン)